当社の歩み

当社の歩み
沿革
 
店舗一覧
小樽本店
さっぽろテレビ塔店
札幌駅前北4条店
恵庭カントリー倶楽部店
登別カントリー倶楽部店
札幌芙蓉カントリー倶楽部店
おたる水族館店
ニセコアンヌプリ店
 

ホーム > 当社の歩み

変わらぬ味を守り続け、市民に愛される北のレストラン

喉を潤す新鮮なビールと昔ながらの洋食に出合える

1954年、港町・小樽で誕生したレストラン「ニュー三幸」。
ビールや洋食がまだまだ高級だった時期にありながら、
小樽老舗のビヤホールは毎日、人々の笑顔と活気に満ち溢れていました。

テーブルに並ぶのは、注ぎたての1杯とジューシーなハンバーグやあつあつグラタン。
それらはまさに、人々にとっての憧れの象徴だったのです。

——「生ビールを飲むならニュー三幸へ」。
市民の間では、いつしかそんな言葉が生まれるほどになりました。

長年、お客様と共に歩んできた「ニュー三幸」は
今日も、極上のビールと多彩なお料理で、皆様をお待ちしています。

店舗のご案内

当社の歩み

沿革

1954年
「株式会社ニュー三幸」設立
創立者である前村キクが、資本金100万円で
レストラン三幸を法人化。「株式会社ニュー三幸」
を設立する。
1969年
新店舗建築
本店を建て替え、鉄筋5階建ての新店舗での営業
を開始する。
1972年
ニセコアンヌプリ店オープン
北海道中央バスより、ニセコアンヌプリスキー場
ロッヂの飲食部門の運営を委託される。
1987年
「おこばち山荘食堂」運営受託
小樽市より、おたる自然の村内宿泊施設
「おこばち山荘」の食堂部門の運営を委託される。
1990年
「小樽本店」改装
小樽本店の老朽化に伴い、総工費約9億5,000万円
をかけて改装し、営業を再開する。
2004年
創業50周年式典
「ニュー三幸」創立50周年式典を挙行する。
2009年
おたる水族館内レストラン運営受託
株式会社小樽水族館公社より
おたる水族館内レストランの運営を委託される。
 
「さっぽろテレビ塔店」運営受託
北海道観光事業株式会社より
「さっぽろテレビ塔店」の運営を委託される。
2011年
「恵庭カントリー倶楽部店」運営受託
株式会社恵庭開発より
「恵庭カントリー倶楽部」内レストランの運営
を委託される。
2011年
「北4条店」オープン
札幌駅から徒歩1分。
初の立ち呑み業態で「大衆酒場 おたる三幸」の
営業を開始する。
2011年
「登別カントリー倶楽部」運営受託
登別リゾート開発株式会社より
「登別カントリー倶楽部」内レストランの
運営を委託される。
2014年
創業60周年式典
「ニュー三幸」創立60周年式典を挙行する。
2016年
札幌芙蓉カントリー倶楽部
紅栄株式会社より
「札幌芙蓉カントリー倶楽部」内
レストランの運営を委託される。
 

ページの先頭へもどる